MNP 電話番号を変えずに格安SMIへ乗り換える!

電話番号を変えずに格安SIMに乗り換える方法?

モバイルナンバーポータビリティの略がMNPである。簡単に言うと、今利用している携帯番号を変えずに、格安モバイル会社に乗り換えることである。そうすれば、新しく番号が変わりましたと案内する必要もない。もし、携帯番号が変わるとなると、特に仕事関係の電話が入ってくるような場合、かなり面倒な事になる。

MNPは何も格安モバイルへの乗り換えだけではない。例えば、ドコモからauに乗り換える場合も使えるわけで、ドコモを解約する際に、携帯番号を今の番号で使いたいと申し出たらよい。

MNP番号予約の取得方法は?

1.現在利用中のショップに出向くか、電話、WEBでMNP予約番号を取得する。

2.乗り換え先の携帯電話会社でMNP予約番号を使って手続きをする。

以上の2点となりますが、注意しなければならない点があります。

1.MNP予約番号を取得しただけでは、現携帯電話会社を解約できたわけではない。予約はあくまで予約なので、乗り換え先の手続きが終わってからの解約となります。

2.MNP予約番号は、発行してから15日以内という期限が設定されている。そのため、乗り換える場合は、早めの手続きが必要とされます。15日経過した場合、再度予約番号は発行できます。

3.MNP転出手数料が掛かる。  手数料金額は携帯会社によって異なります。

ドコモ 2,000円  au   2,000円   ソフトバンク  3,000円

4.乗り換え先携帯電話会社の手数料として、「契約事務手数料」3,000円が必要です。この手数料は乗り換え先携帯電話会社からの最初の請求に加算されてきます。

 

docomo MNP番号予約の手続き方法

1. ドコモの店頭に出向いて処理してもらう。 その場合、携帯電話の契約者で身分証明書が必要です。 店内はお客さんで混んでる事も多く、時間を取られる可能性がありますが、ID,パスワードを忘れてしまっていても手続きはできます。

2. WEBパソコンで手続きする。 My docmo   からdアカウントを入力して、ドコモオンライン手続き画面から携帯電話番号ポータビリティ番号(MNP)をクリック。そのあとは各注意事項にチェックいれてすすんでいくとよいです。

3. 電話での手続き  ドコモの携帯電話からは151に、その他からは0120-800-000に電話をしてガイダンスに従ってください。オペレーションに繋がったら、MNP予約番号を!と言ってください。暗証番号等忘れている場合は、本人確認がありますので、それで対応できます。

au MNP番号予約の手続き方法

1.電話で手続きをする。 0077-7540(au,その他電話共通)ガイダンスに従ってすすむ。オペレーターに繋いだら、MNP番号予約と申し出てください。暗証番号を忘れた方は、本人確認でOKです。

2.ezweb(ガラケー)から申込。 ezwebボタン→TOPメニュー又はauポータブルトップ→my au→申込/変更する→au携帯電話ポータビリティへすすみます。

3.店頭に手続きする。契約者と本人身分証明書が必要です。

ソフトバンク MNP番号予約の手続き方法

1.電話で申込む  *5533(ソフトバンクの携帯から) 0800-100-5533(一般の電話) いずれも無料。 ガイダンスに従ってすすみます。オペレーターに繋がったら暗証番号4桁。忘れていても本人確認ができればOKです。

2.店頭での手続 契約者本人であることと身分証明書が必要

3.my Soft Bank から設定・申込→契約者情報の変更→MNP番号予約の手続き→MNP予約番号予約  但し、スマホ・i phoneからはできない。ガラケーのみ

SIMって何なの?

そもそも、SIMって何?

スマートフォンやタブレット端末にインターネットや音声通話を行うために必要な情報が記録された小型のICカードのことです。SIMカードには標準SIM・microSIM・nanoSIMの3種類があります。これらは利用する端末によって異なります。

SIMは同じ会社のSIMしか使えない。つまり、D社で購入した端末にA社や他の会社のSIMを使用するも、使えないようにロックがかかっています。SIMフリー端末はロックがかかっていないので、他社のSIMカードが使えます。2015年5月、総務省の「SIMロック解除原則義務化」がスタートしたので、SIMのロックを解除すれば、SIMフリー端末のように他社のSIMを挿して使えるようになります。現在使用している携帯端末をSIMロック解除したい場合、あらかじめ格安モバイル会社が示している携帯の動作確認済端末と通信エリアを確認する必要があります。また、ロック解除には購入後何日以降という条件もあるようですので、そこも要確認ですね。

格安モバイル会社のSIMを使うにあたり、今お使いの携帯端末でも(動作確認済端末)機種交換することなく、継続して使用できます。また、現在、端末料金を支払い中の場合は、これまでの通り支払うことができますので、気軽に乗り換えできます。

SIM乗り換えでデータはどうなるの?

SIMはsubscriber/identity/moduleの略です。つまり、回線の契約者を認識するためのカードです。

格安モバイル各社では、データ通信専用のSIM,音声通話対応のSIMがあるので、それぞれ自分のプランに合うSIMをチョイスすることができます。

今まで、携帯にインストールされているアプリや写真はSIMではなく別な場所に保存されているので、SIMを変えても今までのように使えます。

SIMはどこから取り出すのか?

私が使用しているi phoneは携帯本体のサイドに小さな丸い穴が開いていて、SIM取り出しツールの先端を穴に挿しこんで押し込むとSIMトレイを引き出せます。専用ツールがない場合は、クリップの先端を使ってでもできます。

Android端末には電池パックを取り外した場所にスロットがあるのもありますので、わからない場合は販売店で聞いてみたらよいでしょう。

QTモバイルとのパケット料金を比較してみた

■QTモバイルの料金プランは回線によって金額が異なります。ドコモ回線(Dタイプ)・au回線(Aタイプ)・ソフトバンク回線(Sタイプ)それぞれで確認してみよう。

■QTモバイルの料金プランは電話としてご利用の方におすすめの通話+データプランとインターネットのみやモバイルルーターをご利用の方におすすめのデータプランがあります。

■バリ得キャンペーンはDタイプ回線をご利用の方向けのキャンペーンです。

QTモバイルの回線ごとの料金を見てみましょう!
株式会社QTnet

大手キャリアの料金システムを見てみたいと思います。

 ドコモ料金プラン

      au携帯金プラン

 ソフトバンク料金プラン

大手キャリアの料金システムを見るに、結構複雑で見ていてもよくわからないことがあります。機種変更等する際に、料金を見直そうと毎回思うわけですが、結局販売店のアドバイスのまま契約し、付加したくもないあらゆるコンテンツを付けられて、ひと月以内に解約する羽目に陥っています。NAVIなどのコンテンツひとつとっても月額500円とか・・・・今は、無料アプリのNAVIで十分事足りています。そして、機種変更なども意外と色々あって金額を見ただけでは、簡単に毎月の支払は計算できない。下取り制度もあり、最近の格安モバイル会社よりは安くで購入できると思うのだが・・QTモバイルの場合、新規端末を購入の場合、iPhone 6s Plus 64GBで24回払いで3,000円/月となっている。仮に、パケット6GBで契約した場合、D回線だと7か月以降は2,250円/月。新規端末料金の3,000円がのってきても毎月の支払が5,550円~となる。(オプション等考慮してません)また、現在利用している端末を継続する場合は、2,250円/月~で済む。ドコモだと一人で使う場合、カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)<5分以内通話無料>にベーシックプランの3GBで6,000円/月~ 5GBで7,000円/月~となり、機種変更等あった場合、端末料金が足されていきます。

以上を考慮して最近の格安モバイルで新規で端末を購入したにせよ、リーズナブルな金額で収まるのではないかと考えます。もっとも購入する新規端末の種類は限定されますが・・ また、大手キャリアの家族割りとも比較してみて欲しい。格安モバイルにそれぞれ加入したと考えても安くできるのであれば検討に値するのではないだろうか?

<目次へ>